私の身の回りで、しわ治療を行った人々

こうした経験を生かして、私も、友人のように、周りの人に「福岡の美容クリニックの良さ」

を敷衍するようになりました。

というか、敷衍せざるを得なくなった、という感じでしょうか。

なぜなら、しわ治療が功を奏し、久々に会う友人や知り合いに、「若返ったね」

と褒められるからです。

そして、その理由を尋ねられ、流れで……という感じでしょうかね。

しわ治療について、中には否定的なイメージを持っている知り合いもいたのですけれど、私という成功例がまさに目の前にいるのですからね、説得力はすさまじい。

というわけで、二の足を踏んでいた友人のうち何名かは、やはりしわの治療をクリニックに依頼したそうなんです。

そういう友人たちに、特に評判の良かったクリニックがあります。

口コミでも「担当の方とここまで親密に話し合えるのはここだけ」

という意見があり、友人に聞くと、どうやら担当医が患者一人一人に目線を合わせ、いわば二人三脚で治療に当たるという、そんなクリニックだそうです。

そのクリニックに通院している友人がもう一人いて、その方の意見もほとんど同じようなものでした。

「勝手にガンガン進められる、ということも覚悟はしていたけれど、逐一わからないところがないか確認してくださり、本当にこのプランでいいのか、他にもこういうプランがありますよと、患者の目線に立って治療をしてくれたので、本当に信頼することができた」

と、そのしわ治療の結果と共に、医師の方の対応にも、非常に満足していたようですね。

友人の話や、口コミを見てみての感想なのですが、人気の高いしわ治療のクリニックはどこも、とにかく「カウンセリング」

を重視している、という印象を受けるんですよね。

つまり「対話」

ということでしょうか。

こういう対話を重んじてくれるような親身なクリニックは、大抵アフターケアも万全ですし、しかも治療の腕も一流、という場合が多いように見受けられます。

確かに私がお世話になったクリニックも、患者との対話に重きを置いていたように思いますね。